7つの習慣とは

『7つの習慣』は世界で1番売れているビジネス書として日本国内だけでなく、世界において確固たる地位を築いている書籍です。

書籍は世界で3,000万部以上、日本でも200万部以上の売上を記録する大ベストセラーとなり、研修プログラムとしても、今や、アメリカの売上上位100社の90%、グローバル・フォーチュン500社の75%に導入され、世界147カ国にて展開されています。さらに研修プログラムは日本国内においても、累計3,500社、20万人以上のビジネスマンが受講しています。

言語や文化を越えてここまで世界に広まった秘密は、この本の生い立ちに隠されています。
アメリカにおけるリーダーシップの権威として知られている著者のスティーブン・R・コヴィー博士は米国の200年分の成功に関する論文や書籍を手当たり次第に読み、「成功」に共通する要素や傾向をまとめ、生まれたのがこの「7つの習慣」です。
つまり、200年分の“成功のレシピ”の集大成であるのこの書籍の内容を実践すれば、自ずと得たい結果を得られる可能性が高いというわけです。

単なるノウハウやビジネスだけを扱うのではなく、時代を超えて不変であり、 国境を越えて普遍の原則が体系化されており、世界中のリーダーが「座右の書」 として挙げており、この『7つの習慣』と出会って、「人生が変わった」という 人がもたくさんいらっしゃいます。

Facilitator

岡田 佳奈美/Kanami Okada


株式会社ORP(オープ) 代表取締役社長CEO
GOB Incubation Partners株式会社 Senior Manager
≫7つの習慣®実践会認定ファシリテーター
≫7つの習慣®ボードゲーム公認ナビゲーター

大学卒業後、デロイトトーマツグループの経営コンサルティング会社に入社。主に中小企業の組織開発・人材育成に携わり、200社以上の教育を支援。その他、オペレーション業務の改善や行動指針作成の支援も行う。
また、コンサルティング業務と併せて新規開拓営業とセミナー講師を担当し、年間100回を超えるセミナーに登壇。フランクリンコヴィージャパン社とのコラボレーションで実現した『20代向け7つの習慣エッセンシャルセミナー』の講師としても登壇。(※現在本プログラムは行われておりません。)
2015年6月にGOB-IP株式会社に転職し、シニアマネージャーとして学生の起業支援、若手社会人起業家の支援、企業向けの新規事業開発やイントレプレナー人材の育成支援を実施。
2015年7月に株式会社ORPを設立し代表取締役社長CEOに就任。
ペット業界で働く人財の活躍の場を創るべく、犬の飼主とドッグトレーナーを繋ぐマッチングプラットフォームサービスを展開。
個人活動として、志を持つ人財の活動支援の場を広げるために、世界で3,000万部を超えるビジネス書となった『7つの習慣』を用いた『7つの習慣®実践会ファシリテーター』『7つの習慣ボードゲーム公認ナビゲーター』の資格を取得。

7つの習慣実践会

『7つの習慣・実践会』とは、書籍『7つの習慣』を用いた読書会ワークショップです。

7つの習慣を継続的に学び、本を読んだだけで終わらないよう、日々の実践に落とし込んでいくことを目的とし、「7つの習慣・実践会」と呼んでいます。

書籍『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』をテキストとして、全12回に分けて、1年間で読み進めていきます。

実践会は、どの回からでも、何度でも、参加可能です。

世界的名著であることやそのタイトルは知りつつも、大ボリュームのハードカバーに気圧されて実はちゃんと読めていないという人も意外と多いのではないでしょうか?
まずは気軽に一緒に本を読むというところからスタートしましょう!

ボードゲーム

7つの習慣ボードゲームは7つの習慣のエッセンスをゲームの中に盛り込んでおり、ゲームをプレイすることで7つの習慣を身に付けることができます。

このゲームは「7つの習慣」を学ぶゲームではありません。

100回このゲームをやっても「7つの習慣」の概念は全く学べません。

しかし、

このゲームをプレイすることによって、「7つの習慣」の本質である「成功するために必要な考え方」を「7つの習慣」を学ぶことなく、身につけることができるのです。

なぜなら、「成功するために必要な考え方」をしなければ、このゲームでゴールできないようなゲーム構成になっているからです。